新型コロナウィルス特例貸付をご希望の皆様へ

申請受付期間が令和3年8月31日まで延長されました

【一時的な資金の緊急貸付のご相談に関するご案内】

 本会では、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業に伴う、収入減でお悩みの世帯への特別緊急小口資金貸付・総合支援資金貸付等のご相談を受付しています。

 新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、申請書は原則、郵送にてご提出下さい。

 来所される場合は事前に電話予約していただき、社会福祉協議会窓口へお越し下さるようお願いいたします。

●貸付相談対応時間●

平日(月~金)午前9:00~11:30(最終受付)

       午後13:15~16:00(最終受付)

※来所相談の際は「予約優先」となりますので、事前にご連絡ください。

※発熱や咳など、かぜの症状がある場合や2週間以内に県外や国外へ渡航歴のある方の来所相談は、お控え下さい。電話相談対応となります。

※新型コロナウィルス感染症に起因しない理由による借入はできません。

申込みの際にご用意ただくもの(初回申請時)

1 住民票謄本(本籍地記載あり:世帯全員の記載のある住民票)

2 収入が減少したことが証明できる書類(減収前後の給与明細書、個人経営等は帳簿、日誌・日報など)→申立書の作成時に使用します。

3 運転免許証や健康保険証など本人確認書類(※健康保険証の写しを提出する際は被保険者等記号・番号等が見えないようマスキングをお願いします)

4 印鑑(認印可)

5 預金通帳(振込先口座確認のため)(※キャッシュカードでも可)

※書類等は後日提出を約する誓約書の提出に代えることができます。(資金交付後1週間以内提出)

申請書類は手書きのみ(鉛筆不可)での受付です

各種様式をダウンロードする場合はA4用紙への印刷をお願いします

1.緊急小口資金の取り扱い

 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、小額の費用の貸付を行います。

■対象者:  新型コロナウィルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

■貸付上限額: 20万円以内

■据置期間: 1年以内   ■償還期限: 2年以内

■貸付利子: 無利子・保証人不要

借入限度額20万円以内。世帯人数などの要件が無くなり、希望者は20万円まで借入を申し込みできます。

2.総合支援資金(初回貸付)の取り扱い

生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行います。

  ※原則、自立相談支援事業等による継続的な支援を受けることが要件となります。

■対象者: 新型コロナウィルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯

■貸付上限額 (二人以上)月20万円以内  (単身)月15万円以内

■貸付期間: 原則3月以内

■据置期間: 1年以内   ■償還期間: 10年以内

■貸付利子: 無利子・保証人不要

リーフレット等資料のダウンロード

3.総合支援資金(延長貸付)の取り扱い

延長貸付の対象者

以下の3つの要件全てに該当するものが対象となります。

1.総合支援資金(初回貸付)を受けており、令和3年8月までに3月目である貸付期間が到来するケースであること

2.貸付期間の3月目において、引き続き新型コロナウィルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯であること。

3.(※1)生活困窮自立支援法に基づく自立支援機関による支援を受けていること。

※ 延長貸付を希望する方は、自立支援機関による相談・支援を受けることが必須要件となっています。

※ 延長申請の手続きは、総合支援資金(初回)の3月目以降となります。

(※1) 「生活困窮者自立支援法に基づく自立支援機関」は南風原町社会福祉協議会では「沖縄県就職・生活支援パーソナルサポートセンター(南部)」と連携しています。

沖縄県就職・生活支援パーソナルサポートセンター(南部)
 住所:南風原町字与那覇115-1 カマドハウス 1F
 電話:098-851-7105

以下「パーソナルサポートセンター」と標記します。

提出書類

延長申請の手続きについて

①申請者は、南風原町社協に延長の申請を行い、延長申込の書類「申込書(別添1)、借用書(別添2)、延長貸付にかかる状況確認シート(別添3)」を記入し、提出して下さい。

②南風原町社協が、延長貸付にかかる状況シート(別添3)をパーソナルサポートセンターに送付しますので、申請者はパーソナルサポートセンターと「延長貸付にかかる状況確認シート(別添3)」をもとに相談・支援を受けて下さい。

4.総合支援資金(再貸付)の取り扱い

 新型コロナウィルス感染症の影響により、緊急小口資金及び総合支援資金(初回・延長)の貸付の利用が終了した上で、生活にお困りの場合、パーソナルサポートセンター:南部(生活困窮者自立相談機関)による支援とともに、総合支援資金の再貸付を行います。

再貸付の対象者

以下の3つの要件全てに該当するものが対象となります。

1.緊急小口資金及び総合支援資金(初回・延長)の特例貸付が終了している世帯であり、送金も全て終了していること

2.引き続き新型コロナウィルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯であること

3.パーソナルサポートセンターによる支援を受けること

申請書類

※南風原町社協では、生活状況の確認を行い、今後の相談・支援に活用するため、収支状況表の提出をお願いしております。ご提出をお願いいたします。

5.借入できない方

■生活福祉資金を滞納している世帯(連帯保証人含む)→相談対応はいたします。

■自己破産・債務整理中の方

■借入申込者及び申込者の世帯に属するものが暴力団員である場合

■本会が官公署から暴力団員該当性情報の提供を求めることに同意できない方

※生活保護受給者は、福祉事務所の担当ケースワーカーにご相談下さい。

6.お問い合わせ先

電話:889-3213(南風原町社会福祉協議会)